トップ > 会社案内
会社案内
【代表取締役】
福本 修一
【専務取締役】
白川 義樹
会社概要
社名 株式会社 イング
代表 福本 修一
役員 代表取締役社長 福本 修一
専務取締役 白川 義樹
本社 住所:香川県三豊市高瀬町下麻1064-1
TEL:0875-74-6831
FAX:0875-74-6542
西岡工場 住所:香川県三豊市高瀬町上麻203-1
TEL:0875-74-8051
FAX:0875-74-6488
岡重工場 住所:高松市三豊市高瀬町上麻3358-3
URL http://www.ing-kk.co.jp
営業品目 【精密板金加工】
■レーザー加工
■NCT加工
■曲げ加工
■各種溶接
■ショットブラスト加工
資本金 1000万円
設立年月日 1996年2月
従業員 40名
沿革
昭和54年 7月 株式会社福本ボデー本社工場にアマダNCT COMA557を導入し、板金加工を開始する。
昭和55年 4月 株式会社福本ボデー本社工場のCOMA557を使用した板金加工をNC部門として営業活動を始める。
昭和58年 7月 株式会社福本ボデー第二工場の増設に伴い、本社工場をNC機械部として、アマダNCT COMA567を導入し、ローディング装置・アンローディング装置と併設し、無人加工ラインを完成する。
昭和62年 2月 株式会社福本ボデー本社工場(NC機械部)2階にNC機械部事務所を移転し、東芝QE20にて事務管理を本社事務所とオンライン化する。
昭和63年 2月 アマダレーザー加工機 LC667Uを導入し、特殊精密部品加工分野に参入する。
平成元年 7月 板金自動プログラム アマコムAP40を導入し、NC機械部門における板金加工の、受注展開能力の増加補強をはかる。
平成3年 12月 本社工場を増設し、アマダ(CNC・PEGA-357・ミニFMS)など一連の自動機械加工ラインを導入し、稼動を開始する。
平成7年 8月 株式会社イング設立。
平成8年 2月 株式会社福本ボデーNC機械部の業務を引き継ぎ営業開始。
平成8年 7月 アマダ ミクロジョイントバラシ装置EXB-40Bを導入し、手作業の簡素化をはかる。
平成12年 2月 アマダASIS(板金加工ネットワークシステム)を導入し、生産性の向上をはかる。
平成12年 9月 アマダLC-2415(二次元レーザー加工機)を導入し、ステンレスやアルミ加工の高品質加工をめざす。
平成14年 1月 アマダFBDIII1503NT(ネットワーク対応型プレスブレーキ)を導入し、展開図から正確な曲げ情報を読み取り、立体図で形状認識をし、間違いのない加工をする事により曲げかこうの充実を図る。
平成15年 11月 アマダFBDIII8025NT(ネットワーク対応型プレスブレーキ)を導入し、展開図から曲げ情報を読み取り、立体図で形状認識をし、間違いのない加工をする事により曲げかこうの充実を図る。
平成16年 8月 アマダHDS22030NT(ネットワーク対応型上昇式プレスブレーキ)を導入し、ネットワーク化によるさらなる稼動率の向上をはかる。
アマダAP-100を導入し、三次元展開による立体図と展開図の作図により、製品をわかりやすくし、プログラム作成時のミスをふせぎ、また自動展開ソフトによる、時間短縮により効率UPをはかる。
平成18年 1月 アマダHDS8025NT(ネットワーク対応型上昇式プレスブレーキ)を導入し、ネットワーク化によるさらなる稼働率の向上をはかる。
平成18年 11月 工場内の整備、効率をはかるため西岡工場を新設し移転する。
平成18年 12月 アマダFOL3015NT(リニアドライブレーザー加工機)を工場新設と同時に導入し、無人化、高速、高精度加工により合理化をはかる。また作業環境を改善する。
平成21年 8月 ISO14001認証取得する。
平成24年 11月 岡重工場を新設し、モノレール式ショットブラスト及び静電塗装ラインを導入し、ザビ止メ塗装まで一環生産を可能にした。
平成25年 8月 アマダプレスブレーキ追従装置(WFN-150)を導入し、大物製品の折り曲げを強化した。
平成26年 8月 アマダシートワークス(3D-CAD)を導入し、3Dデータを活用したプログラム及び制作を可能にした。
平成26年 11月 西岡工場に出荷専用工場を増設する。
平成27年 1月 ファイバーレーザーFOL3015AJを導入し、無人化高速加工の強化を図る。これを機に非鉄金属加工にも注力をする。
Copyright(C) Ing Co.,Ltd. All rights reserved.
Copyright(C) Ing Co.,Ltd. All rights reserved.